MENU

胃が痛い時のいい飲み物と悪い飲み物

スポンサーリンク

胃が痛い時にいい飲み物は温かい飲み物です。
スポーツドリンクや白湯、お茶や乳製品です。
特に白湯は一番胃に刺激が少なく胃を温めてくれ血行を促進してくれます。
お茶には胃の働きを補助する効果のある苦味のタンニンという成分が含まれているので、胃腸の働きを活発にしてくれます。
そのため飲むタイミングが重要で空腹時には負担がかかるため食後に飲むようにしましょう。
お茶の種類のなかでもほうじ茶は茶葉を炒ってつくるので、胃に刺激を与えるカフェインが少なくおすすめです。
乳製品は牛乳やカルピスのことです。
牛乳は胃の粘膜を守ってくれて胃酸を抑える働きがあります。
胃酸過多で胃粘膜が傷ついた時に温めて飲むのがおすすめです。
カルピスも乳酸菌の働きによって吸収されやすく、カゼインという成分が含まれているので胃を保護する働きがあります。

スポンサーリンク

 

胃が痛い時に飲むと悪影響な飲み物は、冷たい飲み物やコーヒー、炭酸水やアルコールです。
冷たいものは体を冷やしてしまって胃腸によくないです。
アルコールは適量なら胃液の分泌を促し消化を助けてくれますが、飲み過ぎると胃を強く刺激してしまいます。
特にアルコールを急激にたくさん飲み過ぎると、胃の粘膜を覆っている粘液がはがれて炎症を引き起こし結果胃痛につながってしまいます。
コーヒーも適量なら消化を助けるものになるのですが、飲み過ぎや短期間の大量摂取は胃に悪影響です。
飲み過ぎると胃液が過剰に分泌されて胃の粘膜を傷つけてしまい胃痛につながります。
どの飲み物にもいいところと悪いところがあるので適度な量で温めて飲むことが効果的です。

スポンサーリンク