MENU

胃が痛いときの食事に良いものと悪いもの

スポンサーリンク

胃が痛いときの食事には消化がいいものを選ぶようにするべきです。
消化が良いものは卵や大豆製品です。
卵は食べるときに熱を加えるほど胃に留まる時間が長くなるのでなるべく半熟の状態で食べたほうが胃に優しいです。
良質なたんぱく質が含まれている大豆製品の納豆や豆腐、味噌もおすすめです。
たんぱく質が少なくなると胃の回復力が弱まるので胃痛のときはなるべく摂ったほうがいいです。
しかし胃痛のときは胃の働きが弱くなっているので、胃の消化を助けるために固い豆ではなく、納豆や豆腐などの柔らかいもの、味噌汁のような体を温めてくれる食事がおすすめです。
胃が痛いときの食事は加熱して柔らかく調理する食事を摂取するように意識したほうが、胃に優しい食事になります。

スポンサーリンク

 

胃が痛いときの食事で避けたほうが良いものは胃酸の分泌を促してしまうもの、直接的に胃に刺激を与えてしまう食事は胃に悪影響です。
レモンなどの柑橘類のような酸味が強いものは、胃酸の分泌物を促進させてしまいます。
トウガラシやわさびなどの香辛料は胃に刺激を与えて粘膜が傷つく恐れがあります。
また脂肪の多いハムやソーセージなどの加工食品や、脂身の多いバラ肉や揚げ物を使った食事は消化が悪いので胃に負担をかけてしまいます。
消化しにくい食材はたこやイカ、貝類の海産物やゴボウやタケノコ、レンコンといった野菜など食物繊維が多く消化の悪いものを使った食事は、胃痛のときは避けるようにしたほうがいいです。
また食べ過ぎて胃の消化能力を超えないよう、腹八分目を意識した食事をするのが胃に優しい食事です。

スポンサーリンク