MENU

胃カメラでわかること

スポンサーリンク

 体の調子があまり良くない、どことなく体がだるい、便がいつもと違う、このような症状がでてきたら内臓を疑ってみると良いのではないかと思います。
 基本的に外部の症状は素人でも発見しやすく初期対応も容易ですが、体の中は見えない分対応が遅れてしまいがちです。
医師に症状を口で説明してもうまく内容を伝えることができるかどうかもわかりません。
手っ取り早く医師に症状を伝える方法はやはり見てもらうことでしょう。
 内臓の中で比較的見やすいのは口の中から胃にかけての食事が通る道です。
その道にカメラを通せば悪いところが映像で映し出されますので医師にとっては素人の患者の意見を聞くよりも明確な情報を入手できますので対応もはっきりします。
 では、具体的に胃カメラでわかることは大まかに次のことが挙げられます。
一つ目は、もちろん胃のなかの患部の状況。
二つ目は、医師の腕前。
三つめは、病院の設備の状況。
四つ目は、看護してくださる看護師さんなど病院の対応。
 これらのことから上記のほか胃カメラでわかることは、かかりつけとしてお世話になる病院選びのポイントです。
 スポンサーリンク

 

 そもそも自分の内臓の中を見る機会はなかなかございませんので、映像として映し出された自分自身の胃の中を見てしまうと、普段の生活を考え直す良いきっかけになるのだろうと思います。
実際悪くなった胃の中を映像で見ると医師の説明や注意を受けるよりも何倍も効果があるでしょう。
こんな状態になるまで働かせてしまった、もっと日常から胃をいたわっておけばよかった、負担をかけてしまっている等、第3者の視点から考えることができます。
 そのように考え出すと、胃だけではなくほかの器官に対してもいたわったほうが良いのではと広がっていきます。
  結局胃カメラでわかることは日常の自分自身の生活スタイルであまり大きな問題にならず医師にも言われないような小さなことでもぜひ改善したほうが良い点を見つけることができる点ではないでしょうか。
 スポンサーリンク