MENU

胃腸炎に良いとされる味噌汁の作用とは

スポンサーリンク

胃腸炎の症状にかかったら大事なのは、回復時の食事です。
胃腸炎の原因はウィルス性のものと細菌性のものがあります。
どちらも人から感染することが多く、免疫力が低下している際に症状があらわれます。
症状は風邪と似たようなものもありますが、激しい下痢や発熱、嘔吐に襲われるというのが特徴です。
子供だけでなく、大人でも感染してしまうとつらい症状に見舞われます。
治療法は抗生物質や整腸剤などを投与することも大切ですが、摂取する食事によって回復時のスピードが変わってくるため、食事は大切なのです。
胃腸炎では下痢や発熱、嘔吐などといった症状がみられるため、体に優しいものを摂取することで良い作用をもたらします。
また、脱水症状になることも多いため水を積極的に飲むことが大切です。
水分も摂取できて、体に優しい食べ物でさらに胃腸炎に良いとされているのが「味噌汁」なのです。
味噌汁のどこが優れているのかというと、まずは栄養をたくさん摂取することが出来るということです。

スポンサーリンク

味噌汁には、アミノ酸やビタミンなどといった栄養素が豊富に含まれています。
また具の中身によって、必要な栄養素を変えることができるというのもメリットです。
それだけでなく、味噌汁に含まれる栄養素は体に吸収されやすいという作用があります。
消化吸収がされやすいため、荒れた胃腸にも優しく回復しやすいのです。
ではどんな具が胃腸炎の際に向いているかというと、消化しやすいお豆腐などが良いです。
お豆腐には消化の良いたんぱく質が含まれているため、味噌汁の具にピッタリなのです。
他には、大根や卵なども良い作用をもたらします。
ただ、繊維質の多いキノコや海藻、野菜などは避けておくのが良いでしょう。
なるべく固形のものは入れないで、やわらかくなるものを入れてあげることが大切です。
どうしても野菜を入れたい場合はやわらかく煮たものや、細かく切ったものを入れてあげると、食べやすいだけでなく消化しやすくなるのでおすすめの方法です。

スポンサーリンク