MENU

胃にポリープが出来た時の切除方法

スポンサーリンク

胃にポリープが出来た場合には、以前であれば入院をして開腹手術というような時代もありましたが、現代の医療技術の進歩のおかげで基本的には、内視鏡による切除方法が基本になっています。
一般的には、内視鏡検査によって、胃にポリープがあると確認された場合には、がんの危険性があるものや、ポリープが2cm以上になっていたり、出血が認められる時には切除の対象になります。
一方で小さい状態で今後もあまり心配がないと判断されたものに関しては要観察という事で、定期的な内視鏡検査が必要になりますが、ポリープそのものは切除をせずに放置をする事になります。
また、形は小さくてもできた場所が胃の入り口や出口付近だと、食べ物などの通過障害の原因になりますので、切除という方法を選択する事になります。
内視鏡検査の時に胃の状況によっては、ピロリ菌などの駆除を行う事で小さなポリープであれば自然に治癒する事もありますが、基本的には要観察になりますので、定期的な内視鏡による検査は必要になります。

スポンサーリンク

胃にポリープが出来た場合には、その性質によってもその後の方針が変わる事があります。
そのまま放置でも問題のないタイプのものをはじめ、現段階では放置は可能だが、今後の変化も考えられるために定期的な検査が必要になるようなものもあります。
癌化の危険性が高そうなものであったり、区別が難しいと判断したものに関しては、切除という方法が選択されます。
一言で胃のポリープといっても、できた場所や形状などをはじめ、小さいものや特に問題がないと診断をされれば、そのまま放置になりますし、必要であれば切除という方法も選択肢のひとつとして考える事になります。
実際に胃に不快感があるような場合には他の疾患をはじめ癌などの危険な疾患を否定する事が大切になりますし、内視鏡による定期的な検査を行う事で、仮に発見された場合にはその都度適切な治療を受ける事で心配をしなくても済むようになりますので、精神的な面を考えても定期的な検診が必要になります。

スポンサーリンク