MENU

風邪の際の胃腸に負担をかけないおすすめの飲み物

スポンサーリンク

通常の風邪の症状に加えて、吐き気や下痢なども伴う場合がある胃腸風邪は、ウイルスによる可能性が考えられます。
栄養を摂る必要があるものの、嘔吐してしまう辛い症状に悩まされるケースが胃腸風邪の特徴の1つです。
特に冬の時期はウイルスの活動時期でもありますが、感染症による胃腸炎にはウイルス性だけではなく夏の時期には細菌性の胃腸に負担がかかる食中毒なども挙げることができます。
口から感染するため、ウイルスが含まれている吐しゃ物によっても二次感染するケースがあるため、注意が必要です。
ウイルス性胃腸炎とも呼べる風邪には、効果的な抗ウイルス薬がないために安静とこまめな水分補給が必須となります。
ウイルスを体内から排出することが対策の1つであり、いつまでも体内に留まるウイルスは抵抗力が弱い場合には回復期間が長期化してしまいやすく、排出させるためにも固形物を摂取できない場合、飲み物を飲むことで尿や便と共に排出させます。
この行為によって、胃や腸への刺激も時間の経過と共に弱まり、栄養補給も次第に可能になり、体力を回復させられます。

スポンサーリンク

風邪の症状でおすすめの飲み物には、ミネラルウォーターやスポーツドリンクがありますが、気を付けたいのは冷えた飲み物は胃腸に負担をかけてしまいやすいため、常温で摂取します。
また、負担をかけないためには外敵から胃腸をガードすることも重要で、飲むタイプのヨーグルト飲料などもおすすめです。
様々な種類のヨーグルト菌によって、バリア機能や免疫力などをサポートし、負担をかけずに消化を促せます。
また症状が次第に落ち着きはじめたら、水分を多めに加えて調理したお粥やスープなどを回復状態をみながら摂取します。
温かい飲み物は身体を芯から温めるため、特に冬場は血流を促し、冷えやすい身体を温めたり、逆に身体から熱を放出して回復を早めてくれます。
おすすめはアルコールが入っていない甘酒で、飲む点滴とも呼ばれるほどに栄養価が高いために適しています。
甘酒は麹で作られており、栄養素には各種ビタミン、葉酸やアミノ酸、食物繊維などを挙げることができます。

スポンサーリンク