MENU

後期7ヶ月の妊婦の胃痛に関する基礎知識

スポンサーリンク

大体妊娠7か月くらいから、最初の頃とは違って、胃痛に不安を抱えている妊婦がたくさんいらっしゃいます。
妊娠の後期ともなれば、胃痛に加えて、胸やけもしくは吐き気、さらにゲップ等の多くの身体の調子を感じ取れます。
こうした症状そのものは、概していえば後期つわりと称されるものになります。
つわりが出産に至るまで継続したという人も見受けられますが、それは中途から、逆流性食道炎の症状自体へと変貌を遂げたことも考えられます。
出産した場合、胃を圧されることが起こらなくなりますので、胃痛、あるいは胸やけ症状は治まるのが通例です。
 妊娠はじめのつわりは、胸やけであるとか吐き気の症状そのものがおもであり、胃痛の特有の症状がもたらされる人はいません。
しかしながら、妊娠7ヶ月過ぎの後期つわりに及ぶと、胃痛もしくはゲップの特有の症状がもたらされるようになります。
このことは、腹部の赤ん坊が育って、お母さんの胃が圧されることが原因です。

スポンサーリンク

妊娠7ヶ月のちに引き起こされる妊婦後期のつわりの対策についてですが、妊婦の胃に関しましては、腹部の中の赤ん坊によって、常時圧されている状態ですので、まとめてたくさん食べ物を摂らずに、細かく区分して何回かに分けて食べることを意識しましょう。
加えて、消化吸収の良くない食事を食べることはやめるのが得策です。
現実的には、脂っこい物や強固な食事は厳禁となります。
それに加えて、刺激する物など、胃を驚かせる食事、そして炭酸飲料についても回避することが必要です。
 はじめのハードなつわりが治まり、食欲も起こる状況ですが、まとめてたくさん摂り入れると、胃酸についてもまとめて出ます。
結果として、胃の粘膜が破損させやすくなるわけです。
食べ物を細かく区分することで、1回に出てくる胃酸の量を減少させることができます。
それに加えて、妊娠後期7ヶ月は、ホルモンに影響されて、食道の筋肉がゆるんで、逆流し易い状態に見舞われています。
食後の30分については、寝ないように、座った態勢で過ごしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク