MENU

胃カメラ検査時の鎮静剤が効かない時には

スポンサーリンク

胃や十二指腸に関する病気には、がんやポリープというものがあります。
早期発見をすることが出来た場合には、早期治療を行うことが出来る場合がありますが、発見が遅れてしまうと、命に関わることにもなりかねません。
胃や十二指腸のがんやポリープを早期発見するための検査として、胃カメラ検査があります。
胃カメラを胃の中に挿入するという場合には、そのままの状態であれば苦しさを感じてしまうため、スムーズに検査を行うために鎮静剤が使用されるのが一般的です。
鎮静剤を用いることにより、緊張をほぐし、リラックスした状態で検査を受けることが出来るようになりますので、苦しみを軽減させることが出来ます。
しかし、体質によっては鎮静剤が効かない場合もあります。

スポンサーリンク

 

鎮静剤が効かないという場合には、口から胃カメラを挿入するのではなく、鼻からカメラを挿入する方法が用いられる場合もあります。
口からカメラを入れるのとは異なり、苦しみを感じることはありませんし、会話をしながら検査を受けることも出来ます。
鎮静剤を使用すると、体質にもよりますが、ぼんやりとした気分になることもあります。
しかし、鼻からカメラを挿入した場合には、ぼんやりとした気分になることもありません。
胃カメラ検査というと、苦しいというイメージがありますが、鼻からカメラを挿入する方法であれば必ずしもそうであるとは限りませんので、検査の前にはどのような検査方法を行うことが出来るのかを確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク