MENU

胃カメラ検査の前日にタバコがダメな理由

スポンサーリンク

胃は、食べ物を消化するために大切な臓器の一つですが、体の外側からその状態を確認することは出来ません。
そこで、胃の中の状態を確認するために行われるのが、胃カメラです。
この胃カメラの検査を受ける前日には、タバコを避けるべきであると言われています。
検査前日にタバコを吸ってはいけない理由としては、タバコを吸うことで体内に入るニコチンが検査に悪影響を与える可能性があるためです。
胃の中の状態を正しく検査することが出来なかった場合には、病気があっても見逃してしまう可能性があります。
また、喫煙をすることにより、全身の血流が悪くなってしまい、その結果、胃潰瘍などの原因となる可能性もあるとされていますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

 

胃カメラ検査というと、苦しいというイメージがあります。
そのイメージがあるために、検査を受けたいと思っていても、躊躇しているという人も多いようです。
胃カメラ検査では、カメラを胃の中に入れるために、飲み込む必要があります。
その時に、咽頭反射という体の働きにより、苦しみを感じるようになるわけです。
苦しみを軽減させるコツとしては、楽な格好で検査に臨むようにすることや、麻酔を喉の奥の方に溜めておくようにすると良いでしょう。
最近では、口からではなく鼻からカメラを入れるという方法もありますので、苦しくない検査を望むのであれば、鼻からカメラを入れる検査を実施している医療機関を選ぶようにすると良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク