MENU

痛くない胃痙攣って何?

スポンサーリンク

突然職場でお腹が激しく傷んだり、お腹に違和感があり、数秒間隔で痙攣するなどの経験はないでしょうか。
それはもしかしたら胃痙攣かもしれません。
主な症状としては、激しい腹痛・嘔吐・吐き気・下痢・食欲不振などが挙げられます。
このほかにも他の病気と合併して症状が表れる場合もあります。
例えば、急性胃腸炎や食中毒などです。
たいていの場合は激しい腹痛を伴います。
では、胃が痙攣しているものの痛くない場合はどうでしょうか。
それは繊維束性収縮の可能性があります。
筋肉の一部、1本の抹消運動神経に支配されている領域のみが無意識に動くというものです。
だれにでも起こり得る例としては、疲労や睡眠不足時にまぶたなどがピクピクと動くあの現象です。

スポンサーリンク

 

繊維束性収縮には病的なものと生理的なものがあり、病的なものの場合は、身体の数か所に症状が表れ、しびれや感覚の鈍化も同時に発症します。
たいていの場合は生理的で痛くないものです。
他の症状が同時に表れていない場合は特にあわてなくてもよいでしょう。
しかし、痙攣の症状が長く続く場合は、一度お医者さんで詳しく検査をしてもらいましょう。
また、それ以外にも自律神経の乱れにより、胃が痙攣をおこすこともあります。
この場合も痛みの自覚症状を伴わない場合がほとんどです。
この場合の予防法としては、とにかくストレスを溜めないことです。
睡眠を充分にとり、規則正しい生活を心がけ、ストレスを発散できる趣味などを見つけることが重要です。

スポンサーリンク