MENU

胃腸炎の前兆や予兆等について

スポンサーリンク

 胃腸炎とはその名の通りに胃腸に炎症が発生する事を言い、多くの場合はウイルス等の感染が原因となります。
原因となるウイルス等の種類は複数あるのですが、代表的なものだとノロウイルスや大腸菌、サルモネラ菌等があります。
これらのウイルス等は人から人へうつる事もあるので、近くに患者がいる場合には注意が必要です。
出来るだけ患者との接触を控える、手洗いやうがいを念入りに行う等が効果的です。
 具体的な胃腸炎の症状としては腹部の痛みや下痢といった胃腸の症状や、発熱等が挙げられます。
どういった症状が出るかは原因菌の種類等によって異なるのですが、多くの場合必ずと言っていいほど下痢は発生します。
一時的な下痢ではなく長い時間に渡って続いたりした場合には、胃腸炎を疑ってみたほうが良いです。

スポンサーリンク

 

 胃腸炎の治療方法としては患者を安静な状態にした上で、経過観察を行なうという場合が多いです。
原因が感染症ならば原因となっているウイルス等を体外に排出すれば治るので、あえて下痢止め等の薬は処方しないのです。
ただし下痢が続くと脱水状態を招く恐れがあるので、充分な水分補給を行なう事が大切になります。
 症状が落ちついたら消化の良い物で少しずつ飲食を開始して、様子を見ながら通常食へと戻していきます。
 胃腸炎も悪化してしまう前に早く治療を開始する事が大切で、治療が遅れるほど回復にも時間もかかります。
早めに治療を開始するためには、前兆や予兆を見逃さない事が大切なポイントになります。
ただ、この疾患は分かりやすい前兆や予兆が現われにくいのが、一つの大きな特徴となっています。
しかし中には本格的に症状が出る前に、腹部にムカムカとした違和感を感じたと訴える患者もいます。
もしもこのような症状を少しでも感じたら、迷う事なく速やかに病院を受診するのが望ましいです。

スポンサーリンク