MENU

胃の病気やがんポリープ、働きについて

スポンサーリンク

胃というのは、口から食べ物や飲み物を摂取した後、食道を通過して、辿りづく場所です。
これは誰もがしっていることではあります。
そして、食べたものというのは、体の為に栄養になったり、消化や殺菌といった働きを行う大事なぶぶんでもあります。
そして日夜、働くこの胃と言うのは弱ったりと病気になったりとすることがあります。
胃というのは、何も入っていない場合にはぺっちゃんこな状態になるのですが、食物が入ることで膨らんできます。
そしてその大きは大体1.2から1.6リットルくらと言われています。
そして、最大で2リットルの容量まで膨らむことができます。
これは個人差があるので多少の前後はあります。
入ると約2Lまで膨れます。
胃というのは、、消化がメインの期間ではあるのですが、様々な機能が付いています。
まず、逆流を防ぐ機能があります。
これは、胃にたどり着いた食べ物が、逆流して口にもどるのを防ぐというものです。
またこの逆流を防ぐ弁というのは、普段は閉じているのですが、食べ物が入ってくると開くというセンサーも付いています。
これは胃酸を逆流させないという働きもあります。

スポンサーリンク

消化に関しても、食べものによって消化されるまでの時間というのは様々です。
しかし、胃というのはこの食べ物ごとを分けて、十二指腸に送り込むと言うことが出来ます。
胃酸で溶かした食べ物を、十二指腸で更に消化、吸収しやすい形に常に考えながら送り出すという役割も行なっています。
また、体に害がある、異物は胃によって殺菌すると言うことも行います。
また、体に有害だと判断したものをまた嘔吐と言う形で口に送り出すという機能も持っています。
胃と言うのは人間が体を壊さないように細心の注意を払い見守ってくれるものなのです。
しかし、この高性能な胃というのは、高性能なだけに様々な病気に見舞われることがあります。
最近ですと、ストレスが原因で起こる症状で逆流性胃炎と言うものがあります。
また胃潰瘍や胃がん、急性胃腸炎と様々な症状がおこることがあります。
胃と言うのは体を守るために、非常に強い酸を胃の中に溜め込んでいます。
そのため、胃が弱っているときですと、普段ですと粘膜により胃壁が守らているのですが、粘膜が剥がれたりして、胃を傷つけると言うこともあります。
このように胃というのは、病気もそうなのですが、普段の生活で胃腸が弱ることでも傷が付くような器官でもあります。
そのため、胃の病気や胃が元気でいられるような対策を学び、胃だけではなく、自分自身もいつまでも元気でいられるようにしましょう。

スポンサーリンク